2017年

2017年12月29日

今年も無事仕事納めの日を迎えることができました。どうもありがとうございました。2018年は1月4日(木)からの営業になりますので、どうぞ宜しくお願い致します。

一年を振り返ってみて、どのようなことを思いますか。

私が学生の時、教授から教えられたこと。もう何回も言っていると思いますが、「感情の責任を取ることができるのは自分だけなのだ」ということを手を替え品を替え叩き込まれました。

例えば嫌味な人がいて嫌味の一つでも言われたとする。嫌な気持ちになりますが、その不快な感情は私のものなのです。嫌味な人が私に与えた感情ではなく、あくまでも感じたのは私自身。ですから、嫌味な人をいい人に変えることは不可能ですし、実は嫌味が自分の解釈によって歪められただけで嫌味ではなかったかもしれないですし、そうかといって一度感じた嫌味を嫌味と思わないように無理に取り消したり否定したりすることも不自然なことです。

では、どうするか。自分に生じた負の感情の扱い方・付き合い方を学ぶことはできますし、変化を生むように何らかの行動をとることはできます。

親や配偶者、上司、同僚のことなど「他の誰かのせいで自分の人生が不幸だ、生活が辛い」と長い間思っている人がいるとしたら(但し、治療のプロセスでは必要)、「変わることができるのは他の誰でもない自分なのだ」ということ、また「人にサポートを求めることができる。求めてもよい」ということを忘れないようにしてください。人生の主導権は自分にあるのですから。



このページの先頭へ