秋の日に

2019年10月20日

所用があって山下埠頭、公園辺りを少し歩きました。幼稚園の時からしばしば絵を描きに来ていましたが、幼くても歳を経ても港を眺めるといつも新鮮な開放的な気持ちになります。旅立ちというか、出発というか、そんなイメージが湧いてきます。

自分の人生を見つめなおし、人生や仕事の選択をして(選択せざるを得ないとしても)、新たな局面を迎えようとする人に接していると、応援の気持ちと共に、大なり小なり出港のイメージが湧いてきて、いい意味で羨ましい気持ちになります。

仕事においては私も考えないといけない時になっているような気がしています。こちらは公的な医療機関などではなく、あくまでも小さな私設相談室なのでキャパは小さく、したがって環境整備か反対にダウンサイジングなどが必要だなと考えています。環境整備だとしたらどうしようかな…などと今はそのことを楽しみながら練っています。

Yokohama Yamashita Port

 


このページの先頭へ