残暑お見舞い申し上げます

2018年08月19日

お盆休みも終わってしまいましたが、皆様はゆっくりできましたでしょうか。何も変わらず通常どおりの方も多かったかもしれません。

私は片づけをしたり、ドキュメンタリー映画を観に行ったりと、のんびり過ごしていました。夏休みの宿題というわけではありませんが、こんなものを育ててもいました。

a lotus

わかりますか?答えは蓮です。それもただの蓮じゃなくて、寺格の高いお寺の蓮なのです。その蓮の種を2粒いただいてきました(正確に言うと、種の所有権は誰のものか?という問題になるかと思うのですが…)。

100年はもつといわれる非常に硬い種の片側先端をやすりで削るという発芽処理を施して、後は水に漬けるだけ。一つは発芽、もう一つはダメでした。

しかし、この発芽した種も、苦労して削った側ではなく、反対側からの発芽でした。人もそれぞれ、種もそれぞれ、随分ひねくれ屋ですね。ただ、この種が浸かった水は2週間くらい取り換える必要がなく、しかもとてもフルーティ且つフローラルな香りなのです。

さあ…、涼しくなったり暑さが戻ったりと変化の激しい日々ですが、またゆるゆると頑張っていきたいと思います。

 


このページの先頭へ