昭和の日、メーデー、憲法記念日、みどりの日、子どもの日…

2017年04月30日

新緑の眩しい季節となってきました。
明日から5月。ゴールデンウイークってどんな祝日の集まりだったかしらと調べ、忘れないように題にしました。

この長いお休みを鬱陶しく思っている人、ほとんどお休みのない人、やることのない人etc. こんな時に読んでみては?と思えるような本を最近仕入れましたので簡単にご紹介します。仕入れたといっても、まあいつものようにクライアントさんが読まれた本を私も読んでみただけなのですが。

河合隼雄先生の『家族関係を考える』(1980)講談社現代新書で、1979年から1980年に書かれた論考をまとめたものです。「現代の日本の家族(西洋型ではない)とは一体どういうものなのか」「これからの家族の有り様とは」といったことが、日本型家族の変遷や本質に関する考察を踏まえながら、興味深く著されています。

夫婦の関係、親子の関係などに考えるところのある人は、自分を振り返ることに役立つしとても面白いと思います。家族関係にこうすればよいという特効薬などはありませんが、闇夜のなかの灯台のように感じられました。

またこれを読んでいくと、昭和とか、平和や社会とか、子ども、といったことに自然と繋がっていき、思考の裾野が広がっていきます。

現在は2017年。1979,80年代の家族やそれを取り巻く社会と比較しながら、更にどのような変化があるのかないのか、想像や思考の旅に出てみるのも一興ではないでしょうか…。



このページの先頭へ