1. 心理 東京
  2. ブログ 心's LOOM

ブログ 心's LOOM

冒険家

2012年02月11日

一昨夜は久しぶりにだらだらと映画を観ました。お題は「アメリア〜永遠の翼〜」。
主演は「ミリオンダラー・ベイビー」のヒラリー・スワンク、夫役はリチャード・ギア。
ヒラリー・スワンクは見慣れるときれいだし、役作りが上手い。リチャード・ギアは、
あーいつも素敵。ギアは妻に裏切られて苦悩する役が最も似合うと思います。
それはさておき、内容は実在したアメリカ人女性飛行士アメリア・イアハートの話です。
第二次世界大戦前(1930年代)飛行士として活躍しはじめ、約40歳で迎える最期までが
描かれています。
彼女は、1927年にリンドバーグが初の単独大西洋横断飛行を成し遂げた5年後に、女性
で初めて単独大西洋横断飛行を成功させました。更にその5年後、世界一週飛行の途上、
南太平洋で消息を絶ちます。
大西洋横断は単独飛行です。天候も読めないなか、ひたすら洋上を進んでいく。トイレは
どうするんだろうとか、睡眠は?食事は?などと、ついつい現実的なことばかり考えて観
ていましたが、10数時間でカナダのニューファンドランド島からアイルランドに何とか着
陸する。
映画では「何にも束縛されずに自由でいたい」、「飛行機に乗るためなら何でもする」と
いうアメリアの言葉が印象的で、でも貪欲な感じは微塵もせず、どうしてここまでして空
を飛びたいのだろうと不思議でした。
最後の飛行は、アルコール依存のパイロットとペアを組んだり、無線通信の不備などがあ
って無謀なように思われます。アメリアという女性飛行士のことを知らなくても、この飛
行が何を意味するかが(死へ向かう、ということ)、よく伝わるように映画は描いていま
す。
彼女は飛行士というよりも冒険家なのだと思いました。何かを乗り越えるためにこの冒険
をし続けるのか、反対に生き急いでいるのか、この透明感漂う女性を駆り立てているもの
は何だろうと、なかなか面白い作品でした。
*******
画像は御茶ノ水界隈の明治大学。ロゴを見て、チョコレート?
明治大学看板

電話

2012年02月09日

オフィスにいても家にいても営業の電話がよくかかってきます。営業の仕事が大変な
のはよくわかりますが、あまりに失礼な電話が多いのでボルテージが上がってしまい
ます。
電話料金が安くなるという先日の電話。最初からきちんと名乗らず、NTTのようなふ
りをする。名乗るということは自分の会社と個人名と要件を最初に伝えることなのに、
それをしない人が本当に多い。マニュアルが「とにかく曖昧なスタンスで」というの
であれば、その営業マンを信頼する人などいないと思います。
それに「必要ありません」と言っているのに、「じゃあ、高いのがいいんですか?」
との返答。いつぞやはエステを断ったら、「じゃあ、bodyは完璧ということなんです
ね?」。次の発言も度々聞きます。言っていることが要領を得ないので聞き返すと、
「と、いいますと?」。
あまりの態度を指摘したら、「ばばぁ!」と言われたことも。「ババァって、そう歳変
わらないだろう?!」と。
ははぁ〜、なるほど。
最近の扉横の車内広告を見て納得しました。営業マンが書いたというハウツーもの書
籍です。このテの広告は面白おかしく目を引き、私も毎回読んでいますが、本気で信
じてしまう人がいたとしたら大変気の毒に思います。
この著者曰く「断り切れない状態にして売ってあげる」のだそうな。潜在的なお客さ
んは、営業マンの誠実度を見ていると私は思いますよ。
リラクゼーションラジオ
画像は最近オフィスでよく聞いているCalm Radio。リラクゼーションに適した曲が満載
です。カウンセリングルームでも流す予定です。

手紙

2012年02月08日

ここのところ手紙によるお便りをもらうことが増えているような気がします。数は
多くないのかもしれませんが、すっかりメールに頼った生活をしているのでとても
新鮮に感じるのかもしれません。手紙をもらうと嬉しくて、この静かな嬉しさは何
だろうと思いました。
海を越えたところで暮らす友人、近くにいてもなかなか会えない友人、一度も会っ
たことのない遠戚、今ではすっかり縁遠くなった親類、天国へ逝った家族の友人知
人、と送り主はさまざまで、歳月とともに多様になっていく気がします。
人と人の距離は近くなったり遠ざかったり常に変化し続けますが、そんな関係の濃
淡を手紙が埋めてくれるのかもしれません。
エアメール

こんな人を見た。

2012年02月07日

東京メトロのマナーポスター「こんな人を見た。」をご存じでしょうか?
私のなかでの昨年からのヒット!
電車に乗ると眉を顰めたくなる光景に出くわすことがよくありますが、この一連のポスター
を見ると、「いるいる、こういう人いるよね」と自然に笑みが浮かび、トゲトゲした気分を
和らげてくれる傑作です。人のことばかりでなく、自分もこのインコみたいなことをしてい
ますし…。もっと他のこともしているかな…。
(東京メトロのマナーポスターはこちらで↓)
道徳的なことを正論で説いても、「堅苦しい人ね」と一蹴されるか、「うるせえな〜」と
聞く耳を持ってくれないことが多いものですが、ユーモアの力は偉大なり。場を和ませ、
且つ様々に効果的であると言えるでしょう。
ユーモアは、精神分析理論における防衛機制(情緒的葛藤や外的ストレス因子に対処す
るメカニズム)のなかの一つであり、内外のストレス因子に対し最も良い適応状態を示
すことができるものです。
「だけど、ユーモアってどう身につければいいの?」という質問をよく聞きますが、さ
て、どうすればいいのでしょうかね…。
難しく考える必要はなし、ユーモアに対する感応性を高めましょう。では感応性を高める
には?これはまたの機会にて…。

humanその2

2012年02月05日

本日は「human、なぜ人間になれたのか」の続きです。第一部の話題ですが、とても印象深
い人間の脳についての実験がありました。
目の見えない人がいます。彼は視神経や角膜など目そのものの異常はないのですが、脳の中
の後頭部・視覚野に損傷があるため目が見えません。視覚野は目から入った情報を処理をす
るところです。
その全盲である人に、あるスライドを一枚ずつ見せていきます。スライドには、人の笑った
顔、怒った顔、悲しげな顔、困惑した顔など、様々な表情が一つずつ映し出されています。
被験者はスライドを提示される毎に、「ネガティヴ」「ポジティヴ」と顔の判断をしていき
ます。悲しげな顔=ネガティヴ、微笑んでいる顔=「ポジティヴ」といった風に。
目が見えないのに、その人は正確に表情を判断することができる。目が見えないのにですよ。
これは、人が情動を感じ取って判断するのは、目ではなく脳の扁桃体という部分で行うから
だそうです。情報はどこから入っていくのだろう?という疑問が残りますが、それにしても
脳の機能というか脳の力というものに大変驚きました。
この実験に対し少々意地悪く考え、では「仏のような顔をした詐欺師などが目の前にいたら
その表情をどう判断するのだろう」という疑問が生じますが、これはたとえ視力に問題はな
くても難しいことなので、あくまでも表情ということなのでしょうね…。人物の意思と表情
が一致している場合なのでしょう。
スプレーマム

節分

2012年02月03日

2月3日、本日は節分です。あちこちで異常な積雪が報告されており、大変な思いをされている
方が沢山いらっしゃいますね。もうこんなに降ったのだから、いい加減やめてといいたい。い
ち早い春の到来を切に願います。
今朝は蛇口から全く温水が出ず、顔を洗うのもままならない状態でした。手がかじかむこと!
ガスではなく水道管が凍ったためで、こんなことは初めてです。お風呂場の窓も完全凍結、開
きませんでした。
東京千代田区の銭湯
画像はカウンセリングルームから数分のところにある銭湯「梅の湯」。お昼に歩いて見つけま
した。専大交差点から1,2分のところ、マンションの1階にあります。さすが東京千代田区ですね。
JRが動かないなど何かあればオフィスに泊まり、お風呂はここに来ればよし、と密かに思いま
した。新天地をぶらぶら歩くことは、マーキングをしているようで楽しいですね。
次の画像は、はねつき餃子ならぬ、神田達磨のはねつき鯛焼き。こちらは神保町交差点そばで
どうぞ。
東京神田のはねつき鯛焼き

50年後は

2012年01月31日

寒い日が続きますね。日本海側や山間地は大雪で大変なことになっているようです。早く止む
ことを祈るばかりです。
東京や関東も例年になく寒い気がするのですが、昨日は時々晴れ間ののぞく、心地いい日でした。
shinri2.JPG
ニュースを見ていたら、50年後には日本の人口が8000万人台になるとありました。しかも国民
の4割が65歳以上の高齢者になるとのこと。この数値、ちょっとびっくりしませんか?
因みに女性の合計特殊出生率(女性一人が生涯に生む子どもの数)は1.35ぐらいで、今後あま
り変わらずに推移するともありました。
その前日だかのニュースでは、東南アジアから介護施設に働きに来ている若者たちが、日本の
介護福祉士の試験を受けている模様が伝えられていました。インドネシアやフィリピンなどか
ら来日している彼らたちは、介護士として働きながら4年間の間に日本語を覚えて試験に受か
らないと帰国させられることになります。また本国では看護師の資格のある人が、日本では介
護士としてのみ受け入れられるという実情もあります。
介護という大変な労働をしながら、一生懸命勉強しても漢字や専門用語が難しい。アルファベ
ットやカタカナ表示がされるようになって、試験は少しはラクになったのでしょうか。
施設で働く東南アジア出身の女性から、「日本や日本の家庭はあまりオープンじゃあないね…」
と言われたことがありました。確かに…、私たちは制度一つにしてみても閉鎖的なところがあ
ります。
ただでさえ介護人口は不足しているのに、高齢者は増加し、労働人口は減るばかり。50年後、
現在成人の人も高齢者の仲間入りです。外国人労働者のお世話になることは必至のことでしょう。

このページの先頭へ